トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

自己紹介

生まれは岐阜県。小学生時代は運動が大好きで、特にハードルと水泳が得意でした。中学からは名古屋市内の中学に通うことになり、始めて名古屋弁に触れました。それまで使っていた方言とは違う新しい「言葉」に触れてカルチャーショックを受けました。クラスメートと仲間になるには言葉(名古屋弁)の習得が大切なことを身をもって体験しました。英語という新しい言葉に触れたのもこの時期です。外国語を話すことで外国の人とコミュニケーションができることを知り驚きました。そのときの驚きと喜びは今も続いています。

中学、高校と英語にのめりこみ、そのまま大学でも英語を学ぶ学科に進みました。大学1年生のときの講義でアメリカ研究に出会い、卒業までアメリカ政治、特に人権問題を学びました。仲間と同時通訳の勉強会をしたりしていました。その大学で留学生たちが日本語を学んでいるのを見て、日本語教師という仕事があることを知りました。日本語教師になりたいという思いからアメリカの大学院へ行き、2年間言語教育と言語哲学などを学び、帰国後、中部大学で日本語を教えはじめました。日本語教育の教授法や外国語としての日本語の習得研究をしています。

研究領域


外国語としての日本語習得研究。これは日本語を母語としない外国の人が外国語として日本語を学ぶ場合、どのような困難があるのか、どんな間違いをするのか、どのように習得していくのかということを研究する分野です。今は英語を母語とする日本語学習者が漢字をどのように習得していくかについて研究しています。

担当科目

   **日本語学文献講読
     (日本語学の文献を読み専門分野の研究方法などについて学ぶ科目)
   **日本語教授法
     (外国語として日本語を教えること、方法などについて学ぶ科目)
   **日本語演習
     (外国語としての日本語研究の第一歩、専門書を読み始める)
   **卒業研究
     (第二言語習得、日本語教育、日本語学の分野で各自テーマを選び研究する)

趣味


韓国語を新しく勉強しはじめました。今は韓国ドラマを熱心に見ています。(でも残念ながら、韓国語では聞き取れません。字幕があるといいのにな〜)

学生のみなさんへ


中部大学には、たくさん留学生がいます。日本語を外国人に教えることに興味のある人は日本語という言葉を再発見し、留学生に教えるにはどうしたらよいかを学びながら、留学生とも友達になりましょう。待ってます。